[iDeCo]個人型確定拠出年金どうしようかな?我が家でも加入を検討中です

iDeCo(個人型確定拠出年金)ってなに?

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは任意に加入できる老後に国民年金や厚生年金に上乗せして受給できる私的年金のことです。また、公的年金と異なり、加入者自らが年金の運用先を決定でき、将来、賭け金と運用益との合計額を受給できるようになります。
これまでは自営業者や公的年金のない企業に務めるサラリーマンしか加入できませんでしたが、2017年1月より公務員や専業主婦を含める実質全ての方が加入できるようになります。
これを機に我が家でも加入を検討しているところです。

さっそくSBI証券で資料請求してみました

私が普段株式を購入する際に利用しているSBI証券でも個人型確定拠出年金を扱っているため、さっそく資料請求をしてみました。
パンフレットにはまず個人型確定拠出年金のメリットが記載されていました。

DSC_0912

所得控除のメリット:個人的にはこのメリットが一番大きいのではないかと思います。個人型確定拠出年金で拠出した金額は全額を所得控除に充てることができます。画像の例がわかりやすく、通常の預貯金と比べると確定拠出年金では画像の左側と右側で税金のかかる部分が変わっているのがわかります。個人によって変わりますが、我が家の場合年間3万円〜4万円程度の節税となると思われます。定年まで約30年間個人型確定拠出年金を続けると少なくとも90万円以上は節税になるのではないかと思われ、大きなメリットとなります。

DSC_0913

運用時の運用益が非課税:通常、株式等の運用益に対しては約20%の税金が課せられますが、個人型確定拠出年金の場合はこの運用益が非課税となります。拠出期間が長期間になると、このメリットもかなり大きくなってくると思われます。

DSC_0914

給付時にも非課税枠がある:年金受け取り時にも非課税枠があります。

DSC_0915

2017年1月より加入対象者が広がり、我が家も対象に:2017年よりほとんどの世帯の方が個人型確定拠出年金に加入することができるようになり、我が家も加入対象となることができました。我が家の場合は月額上限が12,000円に該当するため、少額ではありますが、毎月上限の12,000円の拠出を行おうと考えています。個人的には上限額をもう少しあげて欲しいのがホンネです。

運用先としてはリターンを高く期待できるものにしたい

個人型確定拠出年金の最大の面白さは自分で運用先を選べることです。運用先を選ぶ基準の一つとして運用先毎に信託報酬率(委託の手数料)が設定されており、信託報酬率が低いものでは0.2%程度、高いものは1%〜2%となっています。色々と調べていると、信託報酬率の低いインデックスファンドなどをすすめる人が多いようですが、我が家の場合は月額上限がたった12,000円であるため、信託報酬率が1%で120円程度です。そのため、あまり信託報酬率を気にしなくても問題ないかなと思っています。よって、インデックスファンドではなく信託報酬率が高いものの過去のリターン率が高いアクティブファンドにしようかなと考えています。今のところ、ひふみ年金やSBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ<DC年金>などが候補となっています。運用先などは世帯の状況によってオススメは変わってくると思いますが、自分で調べながら一番合うものを選びたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする