お金が貯まらない方へ。お金を貯めるために行うべきことを紹介したい。

こんちは!
突然ですがお金を貯めるためにはどうすればいいのでしょうか?

答えは単純で、収入を増やし、支出を減らすことだと思います。収入を増やすことはなかなかすぐにできることではないですが、支出を減らすことは自分次第でいくらでもできると思います。そこで今回は実際に我が家が行ってきた支出の減らし方を紹介します。

スポンサーリンク

まずはざっくりと家計簿をつけてみる

まずはとにかく自分が毎月どれくらいの支出をしているかを把握することが大切です。我が家の場合はスマホアプリのZaimを利用し、ざっくりと家計簿をつけています。下から無料ダウンロート可能です。

家計簿Zaim レシート読取・自動連携が人気の簡単アプリ

家計簿Zaim レシート読取・自動連携が人気の簡単アプリ
開発元:Zaim Inc.
無料
posted with アプリーチ

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
無料
posted with アプリーチ

固定費を抑えると自由に使えるお金が増える

食費や、ショッピング、医療費など月によって支出額が変わる変動費に対し、家賃や光熱費、携帯代、保険料など毎月一定額を必ず支出するものを固定費と呼びます。例えば家賃が10万円から5万円へ下がった場合、単純に毎月5万円ほどは自由に使えるお金が増えることになります。
これは極端な話ですが、もっと少額であれば思いのほか簡単に節約できます。我が家の場合はまず、携帯代とインターネット代を見直しました。携帯については、これまでキャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)からMVNOと呼ばれる格安スマホに乗り換えました。その結果、夫婦二人で毎月4,000円以下に抑えられています。また、自宅のインターネットについてもフレッツ光から、光コラボを利用したスマート光という事業者に変更しました。その結果、携帯代と自宅のインターネット代だけでも毎月1万円程度安くなりました。こういった固定費の見直しをすることが支出を抑えるためにはとても大切だと思います。

支出する前に強制的に貯金に回す

固定費を見直し、自由に使えるお金が増えてもそれを買い物などに浪費してしまっては意味がないです。どうしてもお金が貯まらない方は給与天引きや定期積立による強制貯金が有効です。毎月1万円を給与口座とは別の貯金用口座に振り込まれるようにするなどすれば、意外とその1万円がなくても生活できるものです。我が家の場合は現在毎月32,000円ほど強制的に引き落とされています。毎月1万円ずつの貯金でも年間12万円も貯まるので、ある時「あれ?いつの間にかこんなに貯金が貯まっていた」と気がつき、とても得した気分になります笑。

まとめ

お金が貯まらない方へ実践してほしいことは、家計簿をつけること、固定費を減らすこと、強制的に貯金に回すことの3点です。家計簿についてはざっくりつけることで支出を意識することが大切です。固定費については、定期的に見直すことが大切です。携帯や自宅のネットなどはお得なものがあれば今後紹介したいと思います。なお、私が以前読んだ「20代のいま、やっておくべきお金のこと」によると家賃の目安は収入の25%だそうです。家賃の目安にしてもらえたらと思います。最後に強制的に貯金に回すことが一番大切ですので、していない方には強くオススメします。

参考書籍です。節約術など実践的なことが書いてありますので良ければ参考に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする