[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズは米国No1の携帯電話会社です。

こんちは!
今後、自分自身の勉強のために気になる銘柄の事業内容や業績、株価指標などを記事にし、今後の投資の参考にしたいと思います。今回は[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズについて勉強します。

スポンサーリンク

[VZ]ベライゾン・コミュニケーションズ事業内容&近況

ベライゾン・コミュニケーションズは世界最大級の通信サービス事業会社で、米国ではAT&Tとの2強です。子会社ベライゾンワイヤレスでの無線事業では、データサービス及び機器の提供を行い、有線事業では、固定電話やインターネット接続、ブロードバンドビデオ、データ通信、IPネットワークなどの提供を行っています。
直近の決算では無制限データプランを再導入した結果、契約者数が大幅増加し、収入が予想を上回っています。

業績

業績売上高(百万ドル)純利益(百万ドル)EPS(一株益)配当
2012年115,8468750.312.03
2013年120,55011,4974.012.09
2014年127,0799,6252.422.16
2015年131,62017,8794.382.23
2016年125,98013,1273.222.285

2015年までは順調に売上を伸ばしていましたが、2016年は減収減益でした。今後の売上高も横ばいを見込んでおり、携帯業界は頭打ちとなっています。そこで、ベライゾン・コミュニケーションズは広告事業へ乗り込んでいます。今年6月、米ヤフーの中核事業を44億8千万ドルで買収しています。今後のネット広告の収入増に期待です。

5年チャート(2017/8/3現在)

過去5年間株価は横ばいです。2017年に入ってからは株価は右肩下がりで絶不調。ただ、直近の決算を受け48ドル付近まで反発しています。

主要指標(2017/8/3現在)

PER:14.88倍
ROE:58.23%
配当利回り:4.75%
配当性向:61.3%
連続増配年数:10年

配当利回りは5%前後あり、配当性向は60%台と増配の余地あります。PERは14倍と割安感があります。個人的には配当利回りが5%を超えたら購入したいです。ベライゾン・コミュニケーションズもAT&Tと同様に長期投資には持ってこいの銘柄です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする