ワイモバイルからiPhone 6sが発売!!気になる料金やワイモバイルの強みを聞いてきた

こんちは!

10/6にワイモバイルからiPhone 6sが発売されましたので、さっそく家電量販店に確認しに行きました。UQモバイルからも発売されるようですが、確認した日にはまだ発売されていませんでした。

iPhone 6sは2世代前の機種ですが、まだまだ現役で使える性能を持っています。通信料含め、安く購入できるなら乗り換えも検討したいです。

スポンサーリンク

ワイモバイルへの乗り換えはお得か

ここからワイモバイルの実際の料金を新規/docomo・auからのりかえ(MNP)時とソフトバンクからのりかえ時に分けて紹介します。それぞれ料金がことなりますので注意してください。

発売ラインナップ

今回ワイモバイルで発売されたiPhone6sは32GBモデルと128GBモデルの2機種。アップルストアで発売されているものと同じ容量です。
また、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色です。

iPhone6s 32GB新規/docomo・auからのりかえ料金

プランSプランMプランL
通信容量月2GB(2年間)月6GB(2年間)月14GB(2年間)
初期費用3,240円(sim料金)
端末代(一括)78,300円
端末代(24回払い)3,240円
端末割引(2年間)-1,296円-1,836円-1,836円
料金プラン3,218円4,298円6,458円
プラン割引(1年間)-1,080円
月額(1年目)4,082円4,622円6,782円
月額(2年目)5,162円5,702円7,862円 

プランSでは1,296円、プランM/Lでは1,836円の端末割引があるため、実際の端末代はプランSでは47,196円、プランM/Lでは34,236円となります。
アップルストアでのiPhone6s 32GBモデルの価格が54,864円ですので、docomo/auからののりかえはかなりお得といえます。

iPhone6s 32GBソフトバンクからのりかえ料金

 プランSプランMプランL
通信容量月2GB(2年間)月6GB(2年間)月14GB(2年間)
初期費用3,240円(sim料金)
端末代(一括)78,300円
端末代(24回払い)月3,240円
端末割引(2年間)-756円-1,296円-1,296円
料金プラン3,218円4,298円6,458円
プラン割引(1年間)-1,080円
月額(1年目)4,622円5,162円7,322円
月額(2年目)5,702円6,242円8,402円

ソフトバンクからののりかえの場合はdocomo/auからののりかえと比べ月額料金はそれぞれ540円ずつ高くなります。それでも十分安い価格です。

店員に聞いたワイモバイルの強み

価格を見に行った際にワイモバイルの店員にいくつか強みを聞いたので紹介します。

1000店舗以上ある

現在ワイモバイルは1000店舗以上あるようです。僕が現在利用しているOCNモバイルONEなど他の格安SIMは基本的に無店舗経営で料金を安くするのに対し、ワイモバイルは積極的に出店しカスタマーサービスの向上に努めているとのことです。近くに頼れる店舗があることは安心につながります。

無料通話が10分以内なら無料

もう一つの強みが10分以内の通話が無料です。これはすでに基本料金に含まれているためオプション料金などは不要。ちなみにUQモバイルでは5分以内の通話が無料とのことです。

さらにお得に利用するには

店員からワイモバイルをさらに安く利用するにはおうち割を利用すると良いとのことでした。これは、自宅のネット回線をソフトバンク光SoftBank Airで契約した場合、ワイモバイルの月額料金からプランSでは500円、プランMでは700円、プランLでは1,000円の割引があるとのことでした。



まとめ

ワイモバイルから発売されたiPhone6sはかなりお得な価格となっていると感じます。僕みたいな最新機種のiPhone8じゃなくても良いよーって人、型落ちの新品を安く使いたいよーって人は乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする