[投資信託]セゾンバンガードグローバルファンドから第10期運用報告書が届きました

セゾンバンガードグローバルファンドとはセゾン投信が運用する世界中の株式や債券にバランスよく(株式50%、債券50%)分散投資し、長期の資産形成を図るファンドです。具体的にはバンガード社のインデックスファンドから厳選したファンドへ分散投資を行います。このセゾンバンガードグローバルファンドのみで世界中に分散投資できるので、リスクも少なく積立投資に最適だと思います。私も現在の職場に勤め始めた2015年4月より毎月10,000円積立投資を行っています。

第10期の運用報告書が届きました

第10期(2015/12/11〜2016/12/12)の運用報告書が届いたので、さっそく中身を見ていきたいと思います。

DSC_0929

過去1年間の騰落率について:期首の基準価額は13,406円に対し期末の基準価額は13,181円で騰落率は△1.7%となったようです。マイナス要因としてはバンガードジャパンストックインデックスファンド、対ドルでの円高、対ユーロでの円高の3点のようです。

DSC_0930

信託報酬率について:信託報酬率は0.512%となっており、格安の信託報酬率の投資信託がたくさんある現在では高くもなく安くもない印象です。

DSC_0931


過去5年間の基準価額等について:
5年間での騰落率は82.4%で純資産総額の増加額は88,646百万円となっています。2016年12月12日時点での純資産総額126,394百万円で、1兆円を突破しています。

DSC_0932

DSC_0933

DSC_0934

ポートフォリオについて:ポートフォリオについては、全8銘柄のバンガード社のインデックスファンドに投資しており、株式中心のファンドが5銘柄(組入率51%)、債券中心のファンドが3銘柄(組入率48.3%)となっていました。地域別に見ると米国中心が2銘柄(組入率は52.2%)、欧州中心銘柄2銘柄(組入率28.3%)、日本中心2銘柄(組入率11.2%)となっています。

私の積立経過について


2015年4月からの積立結果:私が現在の職場で働き始めた2015年4月から毎月1万円積み立てた現在の経過は7,548円のプラスとなっています。セゾンバンガードグローバルファンドは分配金については再投資が行われるため、分配金に対し税金がかからないのも良い点です。今後も毎月1万円ずつ貯金のつもりで積立投資を行い、また、定期的に経過報告したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする